商品検索
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
 
「まっさん」こと福田晃久

毎度おおきに!
東の紀州屋 です!


当店は紀伊半島の南東部【東紀州】の田舎都市 尾鷲(おわせ)にあります。
ここ尾鷲は海と山に囲まれ、夏は涼しく冬は暖かい、日本で2番目に雨が多い町なんです。
年間降雨量が軽く4,000ミリを越すこの地域だからこそ,美味しい水があり、すばらしい自然が育まれ,豊富な海の幸山の幸に恵まれているのです。
当店はそんな自然いっぱいの東紀州で生まれ育った黒にんにく「元気くん」を、全国の皆様に心をこめてお届け致します。

古道の宿
コテージ・ウッドペック

も営業中!

店長ブログ
哀愁の矢の川峠
熟成黒にんにくとは?
元気くんについて
製造元/株式会社 元気
サイトマップ
黒にんにくの成分
黒にんにくの食べ方
にんにくの歴史
健康のための黒にんにく
オリーブオイルについて
青森産にんにくのこと
黒にんにくのレシピ
疲労回復とお酢の関連性
にんにく独特の臭い
にんにくオイルの料理

リンク
黒にんにく[元気くん]生産元
 蠍亀
尾鷲の宿泊
 コテージ・ウッドペック
東紀州のホットな情報
 くまどこ
紀伊半島のエコツアー
 熊野体験企画
メイドイン熊野の衣食住
&量り売り
 木花堂
東紀州登山隊
 マタタビ
涙は心の汗
 わんたろう工房YouTube





↓モバイルの方はこちら↓

黒にんにくの食べ方

にんにく独特の匂いが消えて糖度が増えるため、魔法のような甘味が特徴です。
こちらでは黒にんにくの様々な食べ方についてご紹介致します。

調理に活用する

料理のレシピに黒にんにくを取り入れると、酸味や甘味がアクセントとなって料理が美味しくなります。
和え物、スープ、チャーハン、カレー、ラーメン、オムレツは相性が良いです。
また、甘さがありますのでジャムにして、トーストやパンケーキにつけて食べるのもおすすめです。

調味料として使う

醤油と黒にんにくの組み合わせは、最強と言っても過言ではありません。
調理法は黒にんにく1玉、醤油1カップ、お酒1/2カップをミキサーに入れて混ぜ合わせ、瓶に詰めて保存します。
また黒にんにく酢も人気があります。調理法はアルコールの入っていない醸造酢を1カップ、黒にんにく1玉を混ぜ合わせ、すり鉢で潰して作ります。すり潰した黒にんにくと適量のオリーブ油を混ぜ合わせれば、パスタやサラダにも使うことができます。

そのまま食べる

みかんのように、皮をむいて食べることができます。1日に2、3片を目安にそのまま食べてください。生のままで食べると匂いと刺激が強いので胃腸に悪いです。
しかし黒にんにくは熟成しているため、匂いのないニンニクとなります。とても柔らかくて初めは甘酸っぱい香りが口に広がりますが、次第にコクがあるフルーティーな味がします。

夏の暑い日は冷蔵庫に入れて冷やして食べると、とても美味しくなりますのでおすすめです。
冬の寒い日には黒にんにくの皮を細かく刻んで、お茶として煮出して飲むと体が温かくなります。
にんにくには抗酸力が高いポリフェノール、疲労回復を助けるアリチアミン、血液がサラサラになるメチルアリルトリスルフィにんにくには抗酸力が高いポリフェノール、疲労回復を助けるアリチアミン、血液がサラサラになるメチルアリルトリスルフィド、免疫力を高めるS-アリルシステインなどが豊富に含まれています。黒にんにくを毎日食べて、元気になりましょう。

当店の黒にんにくは、生のにんにくを発酵させ丹念な熟成作業が自慢の逸品です。
添加物などを一切使わず、ベテラン職人の手によって湿度と温度が管理された熟成室で、ゆっくりと熟成された厳選商品です。